人気ブログランキング |

2016 JHBSサマーセミナー!


サマーセミナーの続き…ベルギーのお菓子編です。^^

ベルギーのお菓子!と言えば、、、

やっぱり「ワッフル」が一番に思い浮かびます。

本場ベルギーワッフル!のルセットを教えていただけると…

とっても 楽しみにしていました~!

ベルギーワッフルの代表、ブリュッセル風とリエージュ風の

両方を教えていただきました。(*^^)v

あっ、ベルギーでは仏語が公用語の一つでもあるので

ゴーフルとも呼ばれているそうです。

a0161408_23502511.jpg

















ベルギーの ↑ ワッフルメーカーです。

生地を流し込んだら ガチャンとすぐに反転

ひっくり返して 焼成していました。

教室では、ビタントニオで焼くことになるのですが、、、

a0161408_23554395.jpg













Gaufres de Bruxelles ↑  ゴーフル・ドゥ・ブリュッセル!

お砂糖のほぼ入らない ベーキングパウダー配合の生地です。

ブリュッセル風は、甘くない生地に フルーツやチョコ

クリームにソースなどを 生地が見えなくなるくらい

もりもり~っと デコるのが 一般的?(´▽`*)

ベルギーに旅行された方の、ブリュッセル風ワッフルの画像を

検索するとホント悩殺的ワッフルがいっぱいです。(^▽^;)

a0161408_053764.jpg





















Gaufres de Liege ↑ ゴーフル・ドゥ・リエージュ! 

こちらの生地は、トリモリンでしっかりと甘味を付けた

イースト配合の生地です。捏ね上げ後にポップシュガーを

混ぜ込んで 分割→フロアータイム→焼成となります。

お馴染みのマネケンはこのタイプですね。^^

a0161408_116686.jpg
















Tarte aux Rubarbe タルト・オ・リュバーブ ↓

大好きなリュバーブのタルトです~(^O^)/

日本では、リュバーブとなると まだまだ一部の地域以外

予約取り寄せや、冷凍物を取り寄せとなるので

なかなか焼きたい時に焼けないタルトですよね。

以前、専門学校でフランス菓子を勉強してた時

「リュバーブなんて庭に勝手に生えてる~」ってシェフ(仏人)が

言ってたの思い出しましたが、、、ベルギーでもリュバーブ!

身近なものなんですね~ 教えていただいたタルトは 

メレンゲに動きのある ダイナミックな絞りが素敵で  

リュバーブの酸味とメレンゲの甘さのバランスが 

とっても美味しい ↓ タルトでした~(#^^#)
a0161408_1171492.jpg

最後のお菓子は、Tarte au Riz タルト・オ・リ ↓ 

はい、アパレイユにお米が入っているタルトです。^^

お米は洗わず牛乳で煮込みます。

あっ、サフランも入れて煮込むんです。(´▽`*)  

一晩寝かせて 翌日クレームパティシエールとメレンゲを

合わせるので、シンプルなタルトに見えますが

結構、手間がかかっている分、美味しかったです!

今の季節は、冷やして食べるといいですね~

a0161408_255562.jpg





にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
にほんブログ村




今年も、盛り沢山の内容で とても勉強になりました。

パンやお菓子を習うって ホント楽しい~です。(●^o^●)
by blanco347 | 2016-07-13 00:01
<< パン工房「夢風車」! 2016 JHBSサマーセミナー! >>