シェフのカトルカール!


本日のレッスンは製法の違う「カトルカール」を二品
まずは「フルーツパウンドケーキ」!
a0161408_1628573.jpg

↑ しっかり泡立てたバターにドライフルーツを投入した状態
ドライフルーツの漬け込みアルコールは普段私が使用している
40度のグランマルニエコルドンルージュのリキュールではなく
↓ の50度の物!
a0161408_1713188.jpg

50度になるとリキュールじゃなくてスピリッツになるのね・・・
更に粉類を加えて、ゴムベラでツヤが出るまで混ぜて
型入れした状態のものが ↓ 
a0161408_16375559.jpg

こちらの教室では、家庭での再現を重視!
あえて、お店の平窯を使用しないで安物(笑)
家庭用電気オーブンで焼成してくれます^^
a0161408_1643052.jpg

↑ こんもり美味しそうな焼き上がり~(^o^)丿
ナイフを入れない自然な生地の割れ目です。
熱いうちにグランマルニエシロップを塗って仕上げします。
a0161408_1646395.jpg

もう一品は ↑ 共立て「カトルカール」です!
バターは溶かして加えます。本和香糖、米飴、
黒蜜も入っています。
a0161408_16503648.jpg

↑ 焼き上がってすぐの状態!
a0161408_16523837.jpg

仕上げには ↑ の吟醸酒を使ったシロップで仕上げます!
試食の写真を誤って消去してしまいましたが・・・(-_-;)
あらためて、工程の少ないお菓子ほど
プロと素人が作ったもの・・・その差は歴然!
そして製法によっても生地の質感、食感の違い・・・
丁寧な生地作りと見きわめ・・・
忘れないうちに復習しないといけません(^u^)

にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
にほんブログ村
[PR]
by blanco347 | 2013-05-20 00:00
<< 大雑把タルト焼けました~(^^ゞ イル・ド・フランス地方菓子「ポ... >>